Reuters logo
アングル:中国で社債発行が縮小、企業は信用収縮に直面も
2017年5月8日 / 04:26 / 7ヶ月前

アングル:中国で社債発行が縮小、企業は信用収縮に直面も

[香港 5日 ロイター] - 中国当局が金融引き締めや影の銀行(シャドーバンキング)の取り締まり、資本統制を強化している影響で、社債の発行が縮小しており、中国企業は今後数カ月間で信用収縮(クレジットクランチ)に直面する恐れがある。

 5月5日、中国当局が金融引き締めや影の銀行の取り締まり、資本統制を強化している影響で、社債の発行が縮小しており、中国企業は今後数カ月間で信用収縮に直面する恐れがある。写真は、人民元紙幣。北京で昨年3月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

中国企業は今年1300億ドル、来年には2480億ドルの借り換えが必要になる。

しかしトムソン・ロイターの推計によると、今年1─4月の国内の債券発行額は約1320億ドルと、前年同期の7960億ドルに比べ5分の1未満に減った。ドイツ銀行の推計では、中国の債券市場は昨年、前年比32%拡大して9兆3000億ドルに達していたが、情勢が一変。このペースが続けば来年の借り換え分を賄えなくなる。

ギンミ・クレジットのアナリスト、セドリック・リモー氏は「今年第2・四半期から来年第1・四半期にかけて債務返済の波が押し寄せる。その額は現在の四半期ごとの起債額の2、3倍に及ぶ」と言う。

銀行融資の額が当局による引き締めの影響を物語っている。

中国の銀行による3月の新規ローン実績は1兆0200億元で、2月の1兆1700億元、1月の2兆0300億元から減少した。

リモー氏は「債券市場のストレスが顕現化し始めた。既にデフォルト(債務不履行)が多発しており、年内にさらに増えると予想している」と話した。

ゴールドマン・サックスの推計によると、デフォルト額は2014年が10億元、15年が180億元、昨年が539億元と、次第に増えている。

多くの社債に付与されているプット・オプション(売る権利)がその一因だ。投資家は利回りが上がるとこの権利を利用し、社債を額面で発行体に売り戻すことができる。

アナリストの推計では、実行可能なオプションは現在、平均発行額の10─15%に相当する。

昨年10月以来、最上級格付け企業の5年物社債の平均利回りは200ベーシスポイント(bp)上昇して約5%となっている。

BNPパリバ・チャイナのストラテジスト、クン・シャン氏は「昨年11月以来、クレジット市場は機能不全に陥っている。原因は急激な金利上昇と資金調達市場の不安定化で、これらが需要を悪化させた」と話した。

シャン氏によると、この状態があと1四半期続けば、景気循環の影響を受けやすい企業や非公開企業、当局が過剰設備の削減を進めているセクターの企業などには厳しい状況になりそうだ。

国内の起債縮小を尻目に、中国企業による海外での起債は活発化し、年初からの起債額は550億ドルに達した。これは過去最高だった昨年1年間の半分を超えている。

しかし海外の投資家は信用力の低い企業には途方もなく高いプレミアムを要求するため、弱小企業には海外での起債の道は断たれている。

クレジットサイツ(ロンドン)の銀行アナリスト、マシュー・ファン氏は「中国にとって社債市場の再開は重要だ。さらなる金利上昇を許せば、国内での社債発行は脅かされ、信用の拡大、ひいては経済成長も危うくなる」と述べた。

(Umesh Desai記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below