September 3, 2018 / 12:30 AM / 2 months ago

利益・設備投資、17年度は過去最高額 情報化需要で=法人統計

 9月3日、財務省が3日発表した2018年4─6月期の法人企業統計によると、売上高・経常利益・設備投資が前年比・前期比そろって増加した。写真は都内の建築現場とビル群。2015年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 3日 ロイター] - 財務省が3日発表した2018年4─6月期の法人企業統計によると、売上高・経常利益・設備投資が前年比・前期比そろって増加した。経常利益は過去最高額を記録、設備投資も前年比で2桁増となった。17年度についても利益・設備投資ともに過去最高額だった。大幅増益に伴い、利益剰余金(内部留保)も過去最高額の446兆円に達した。世界的な自動化・情報化需要の拡大を背景に企業活動の好循環が鮮明だ。

4─6月期の設備投資額(ソフトウエアを含む)は全産業で前年比12.8%増え、7期連続の増加となった。内訳をみると、製造業の設備投資額は前年比19.8%の大幅増、非製造業も9.2%増と高めの伸びだった。

ソフトウエアを除くベース(季節調整済み)でも、全産業で前期比6.9%増と4四半期連続で増加した。

情報通信機械や化学で半導体・電子部品を中心に能力増強投資が行われたほか、輸送用機械でも伸びた。非製造業では運輸業や電気業、小売業などが増加。省力化投資や新規出店などが後押ししたもよう。

売上高は前年比5.1%増となり、7期連続の増収。経常利益は前年比17.9%増となり、8期連続で増益となった。

特に経常利益の水準は26.4兆円と全体で過去最高額だった。製造業での電子部品関連の売り上げ増が寄与したほか、非製造業での受け取り配当金増加、資源高による利ザヤ拡大、クラウドサービスの好調も寄与した。

17年度の統計も同時に発表され、こちらも増収・増益・設備投資増となった。年度でみた経常利益は前年比11.4%増の83.5兆円で過去最高額。大幅増益となったこともあり、いわゆる内部留保は前年度比9.9%拡大し446兆円と、過去最高額を更新した。

設備投資額も7年連続で増加し45.4兆円。過去最高額となった。世界的な自動化投資で電子部品関連が好調で、能力増強投資が目立ったほか、建設需要も拡大、サービス関連では娯楽施設への投資や倉庫投資も寄与した。法人企業統計は四半期ごとに調査が行われ、金融業・保険業を除く資本金1000万円以上の法人企業が対象。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below