for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国ネット通販クーパン、米上場申請 ソフトバンクGが出資

 2月12日、韓国のネット通販大手・クーパンは、米ニューヨーク証券取引所に上場を申請した。高成長ハイテク株への強い需要の一部を取り込みたい考えだ。写真は同社のトラック。ソウルで2018年6月撮影(2021年 ロイター/Josh Smith)

[12日 ロイター] - 韓国のネット通販大手・クーパンは12日、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を申請した。高成長ハイテク株への強い需要の一部を取り込みたい考えだ。

クーパンにはソフトバンクグループが2015年に10億ドルを出資し、ソフトバンクG傘下の「ビジョン・ファンド」が18年に20億ドルを出資している。

事情に詳しい関係者によると、クーパンは米国の新規株式公開(IPO)で企業価値評価500億ドル程度を目指している。

調査会社・ディアロジックによると、実際に同水準となれば、米国以外に拠点を置く企業によるニューヨークでのIPOとしては、2014年の中国のアリババ・グループ・ホールディング以降で最大規模となる。

クーパンは24時間以内の「ロケット配送」を売りに韓国で一気に利用者を増やし、同族経営の小売大手である新世界やロッテを脅かす存在となった。韓国では米アマゾン・ドット・コムの競合社と見なされている。

ピッチブックによると、2018年の直近の私募調達ラウンドで同社の企業価値評価は90億ドルに上った。

同社の当局への提出書類によると、2020年の総売上高は91%増の119億7000万ドルで、最終損失は前年の6億9880万ドルから4億7490万ドルに縮小した。

ソフトバンクG以外の株主は資産運用大手ブラックロック、ベンチャーキャピタルのセコイア・キャピタル、著名投資家のビル・アックマン氏が含まれる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up