January 22, 2019 / 3:31 AM / a month ago

東京地裁、ゴーン被告の保釈を認めず

 1月22日、東京地裁は、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(写真)の保釈申請を却下した。写真はパリで2017年10月撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[東京 22日 ロイター] - 東京地裁は22日、日産自動車(7201.T)前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈申請を却下した。同被告の弁護人が18日に2回目の請求をしていたことに対する決定。

東京地検特捜部は11日、会社法違反(特別背任)の罪でゴーン前会長を追起訴し、東京拘置所での起訴後勾留が続いていた。

これに対し、前会長の弁護人は追起訴後、直ちに保釈請求したが、東京地裁は15日に申請を却下する決定を下し、弁護人が2回目の保釈請求をしていた。

ゴーン前会長は保釈の条件を提示し、自身の監視のために電子装置を足首に装着し、警備員を用意することを申し出ていた。報道担当者によると、ゴーン前会長は東京にとどまり、保有する日産株を担保として差し出す用意があると説明。

ゴーン前会長は20日に発表した声明で「法的義務からだけではなく、自分を弁護する機会を得たいため、裁判に出席する」と表明していた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below