for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナワクチン接種後に60代女性死亡、因果関係「評価不能」=厚労省

 3月2日 厚生労働省は新型コロナワクチンを接種した60代の女性が死亡したと発表した。死因はくも膜下出血と推定され、ワクチンとの因果関係は評価不能としている。写真は2月17日、東京で撮影(2021年 代表撮影)

[東京 2日 ロイター] - 厚生労働省は2日、新型コロナワクチンを接種した60代の女性が死亡したと発表した。死因はくも膜下出血と推定され、ワクチンとの因果関係は評価不能としている。専門家によると、海外ではコロナワクチンとくも膜下出血の関連を示す報告はないという。

女性は2月26日にワクチンを接種、3月1日に死亡した。基礎疾患やアレルギー歴はない。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会長の森尾友宏氏は、「海外における接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようだ」と指摘。「偶発的な事例かもしれないが、この症例についてもさらに情報を収集し、今後の審議会で評価していく必要がある」とした。

日本では医療従事者を対象に、2月17日から米ファイザー製のコロナワクチンの接種が始まった。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up