February 6, 2019 / 6:10 AM / 13 days ago

訂正:CPIで機械的に計算すれば実質賃金はマイナス=根本厚労相

 2月6日、根本匠厚労相(写真)は午後の参院予算委員会で、2018年の実質賃金はマイナスか、との質問に対し、名目賃金を「消費者物価指数(CPI)で機械的に割ればあの数字になる」と述べ、マイナスであったことを事実上認めた。昨年10月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 根本匠厚労相は6日(訂正)午後の参院予算委員会で、2018年の実質賃金はマイナスか、との質問に対し、名目賃金を「消費者物価指数(CPI)で機械的に割ればあの数字になる」と述べ、マイナスであったことを事実上認めた。立憲民主党の石橋通宏議員への答弁。

野党などは、同一事業所の調査による名目賃金上昇率(参考値)から物価の影響を考慮した実質賃金について、2018年1─11月の平均はマイナス0.5%程度だったと試算。アベノミクスの効果が賃金に及んでいないと主張している。

一方、安倍晋三首相含め政権側は、雇用者数が拡大しているため、総雇用者所得は名目・実質ともにプラスと主張している。

*6日配信の以下の記事で、デートラインと本文中の日付を5日から6日に訂正します。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below