August 2, 2019 / 11:11 AM / 4 months ago

仏銀クレディ・アグリコル、第2四半期は利益急減 投資銀行不振

[パリ 2日 ロイター] - 時価総額でフランス第2位の銀行、クレディ・アグリコル(CAGR.PA)が2日に発表した第2・四半期決算は、利益が大幅に減少した。投資銀行部門が振るわず、全体の足を引っ張った。

グループの純利益は15%減の12億2000万ユーロ(13億4000万ドル)。収入は0.4%減の51億5000万ユーロだった。法人・投資銀行部門の利益は4億6000万ユーロと22%減少した。

UBSのアナリストは、債券・為替・商品(FICC)収入が前年同期比5%減少したことを指摘。「世界的なトレンドに沿ったものだが、コンセンサスよりは良かった」と分析した。

クレディ・アグリコルは、法人・投資銀行部門の不振について、「さえない」市場とマージン低下を理由に挙げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below