September 18, 2015 / 9:58 AM / 5 years ago

クレディ・スイス、新興国経済の先行きを依然楽観=CEO

[チューリヒ 18日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイス のティージャン・ティアム新最高経営責任者(CEO)は18日、CNBCに対して、新興市場の経済の先行きについて依然として楽観的に考えていると語った。

新興市場、なかでも中国の経済見通しをめぐる懸念をきっかけに、世界の金融市場は最近大きく動揺している。それにもかかわらず、ティアムCEOは、クレディ・スイスはなお楽観視していると強調した。

CEOは「新興国経済の長期的な成長見通しは変わっていない」と主張。クレディ・スイスが特に中国に対して持っている確信は「極めてファンダメンタル的な経済要因」に基づいていると述べた。

ティアム氏は今年7月、CEOに就任。相対的にリスクの高い証券業務を縮小し、特にアジアの富裕層向けサービスに経営資源を集中させる戦略を描いているとみられる。クレディ・スイスは新CEOの下での経営戦略について、10月21日に投資家向けに説明する予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below