July 31, 2019 / 7:13 AM / 3 months ago

クレディ・スイス、第2四半期は45%増益 通期目標を維持

 7月31日、スイスの金融大手クレディ・スイス(CS)が発表した第2・四半期決算は、純利益が45%増加した。同社は、市場予想を大幅に上回った。写真はヴィンタートゥールで2017年11月撮影(2019年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 31日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイス(CS)(CSGN.S)が発表した第2・四半期決算は、純利益が45%増加した。同社は、市場予想を大幅に上回った。4年ぶりの高水準となった。また、2019年の利益率目標を維持した。

第2・四半期の純利益は9億3700万スイスフラン(9億4551万ドル)。同社がまとめたコンセンサス予想の7億8800万スイスフランを大きく上回った。

有形自己資本利益率(ROTE)は9.7%。

CSは、今年の有形自己資本利益率(ROTE)を2018年の5.5%の倍となる10─11%とすることを目標としており、今回この目標を確認した。

ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)は声明で「2015年第4・四半期にリストラに着手して以来、初めて10%のROTEを達成した」とし「われわれは、投資銀行業務に強みとしつつ、ウェルスマネジメント業界をリードする存在となることを目指しており、この点で引き続き進展を図った」と述べた。

対顧客関係は第3・四半期に入りこれまでのところ良好と説明したが、市場の状況が顧客の動きに影響を及ぼす可能性があるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below