for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クレディスイス、第1四半期は赤字拡大 訴訟費用響く

[チューリヒ 27日 ロイター] - スイスの金融大手クレディ・スイス(CS)が27日発表した第1・四半期決算は、2億7300万スイスフラン(2億8360万ドル)の損失を計上した。一連の不祥事が響き赤字が続く中、最高財務責任者(CFO)を含む幹部人事も発表した。

赤字幅は前年同期の2億5200万フランから拡大。訴訟関連費用が7億0300万フラン増加した。

CSはデービッド・マザーズCFO、首席法務顧問のロメオ・チェルッティ氏、デービッド・マザーズ最高財務責任者(CFO)、アジア太平洋部門のヘルマン・シトハン最高経営責任者(CEO)の退任を発表した。マザーズ氏は後任が見つかり次第退任する。チェルッティ氏の後任はUBSの法務顧問を務めたマルクス・ディートヘルム氏、シトハン氏の後任はアジア太平洋部門トップ、エドウィン・ロウ氏。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up