for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クレディ・スイス、第4四半期は純損失へ 米訴訟で引き当て拡大

 1月8日 スイスの銀行大手クレディ・スイスは米国で長く続いている訴訟を巡り引当金を8億5000万ドル積み増すため、2020年第4・四半期は純損失を見込んでいると発表した。写真はチューリッヒの本社。2019年7月撮影(2021年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 8日 ロイター] - スイスの銀行大手クレディ・スイスは8日、米国で長く続いている訴訟を巡り引当金を8億5000万ドル積み増すため、2020年第4・四半期は純損失を見込んでいると発表した。

米国の住宅ローン担保証券(RMBS)に関連した訴訟では既に3億ドルを引き当てているが、規模が拡大するとの見通しを示していた。

クレディ・スイスは2月18日に20年第4・四半期決算を発表する予定。前年同期は8億5200万スイスフラン(9億6228万ドル)の純利益だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up