March 23, 2020 / 1:59 AM / in 6 days

五輪=クロアチアとセルビア、予定通り開催姿勢のIOCなどを批判

 セルビアのスポーツ相とクロアチア・オリンピック委員会会長が、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2020年東京五輪を予定通り開催するのは不可能だと主張している。スイスのローザンヌで4日撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[アテネ 22日 ロイター] - セルビアのスポーツ相とクロアチア・オリンピック委員会会長が、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2020年東京五輪を予定通り開催するのは不可能だと主張している。

国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会は、コロナウイルスが大流行するなか、7月24日から8月9日までの当初の日程通りでの五輪開催を目指している。しかし、ウイルスの収束は現在もめどが立たない状況で、各国のアスリートやチーム、連盟らから少なくとも延期にすべきとの声が大きくなっている。

セルビアのバーニャ・ウドビチッチ青年・スポーツ相は、「日本は五輪のために多くを投資してきて、かたくなに大会を開催しようとしているが、それは常識に反している。人命が一番であり、私たちは支持できない」と述べた。

また、クロアチア・オリンピック委員会のズラトコ・マテシャ会長も「誰も大会の延期を望む人はいない」とした上で、「スポーツは欧州全土で中断されていて、いつ再開できるのか分からない状況。予定通りの大会開催は不可能だと思うし、数カ月延期すべきだ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below