July 22, 2014 / 8:13 AM / 4 years ago

下げ止まらないバルチック指数、世界景気懸念で日本株はレンジ内

[東京 22日 ロイター] - ばら積み船運賃の国際市況を示すバルチック海運指数が下げ止まらず、1年半ぶりの低水準となっている。船の供給過剰や季節要因が主因だが、世界の貿易量の伸びが鈍化しているのではないかと市場では警戒感が強い。高まる地政学リスクも貿易のネガティブ要因だ。

 7月22日、ばら積み船運賃の国際市況を示すバルチック海運指数が下げ止まらず、1年半ぶりの低水準となっている。イタリア南部ジョイア・タウロの港で2012年11月撮影(2014年 ロイター/Alessandro Bianchi)

連休明けの日本株は反発したが、世界経済の減速懸念が強まるなか、ここ最近のレンジ内の動きにとどまっている。

<海上の「ダンプカー」>

石炭や鉄鉱石、穀物など乾貨物(ドライカーゴ)を運ぶばら積み船。世界の商船の約4割を占めており、8万トン以上のケープサイズ級の船は、スエズ運河やパナマ運河を通過できないほど大きく、海上の「ダンプカー」と呼ばれることもある。

その運賃の国際市況を示すのがバルチック(・ドライ)海運指数.BADIだ。数年にわたる運賃を長期契約する海運業者もいるため、需要の動きとは関係のない動きをするときがあるとされ、データとしての使用には注意が必要だ。

だが、石炭や鉄鉱石など原材料の世界的な需給を示すため、世界貿易の動向を占う指標として注目が高い。

そのバルチック海運指数が21日の市場で、8ポイント低下の724ポイントと、11日連続安となった、2013年1月以来、約1年半ぶりの低水準だ。一度、動き始めると、トレンドが続きやすい指数であるが、歴史的に見ても最低レベルに近づきつつある。

SMBC日興証券・金融経済調査部の橋本宗治氏は「船の供給過剰が大きな背景としてあるほか、ケープサイズよりも小さいパナマックスの市況が北米や南米の穀物市況悪化で、バルチック指数の足を引っ張っている。足元ではハリケーンの季節入りなど時期的な要因も大きい」と指摘。指数低下は季節要因などが大きいとする。

<世界貿易量の鈍い伸び>

ただ、マーケットでは、世界経済鈍化が大きな背景ではないかとの懸念がぬぐえない。「世界的な金利低下やバルチック海運指数の低下は、中国など新興国だけではなく、先進国も含めた世界経済が伸び悩んでいることの証左ではないか」(大手証券ストラテジスト)という。

オランダ経済政策分析局が出している世界貿易量の数量の動きをみると、3月は前年同月比2.0%増、4月は2.5%増と、景気拡大期の平均である前年同月比5%増を下回り続けている。

原油など19商品の先物相場で構成されるトムソン・ロイター/コアコモディティーCRB指数.TRJCRBは、今年2月の水準まで落ち込んだまま浮上の気配をみせない。ウクライナなどで高まる地政学リスクが、世界貿易を圧迫する懸念も強まってきた。

三菱東京UFJ銀行・シニアマーケットエコノミストの鈴木敏之氏は「バルチック海運指数と景気の相関性は明らかでないが、モノの動きは鈍い。米国では、そろそろ始まってもいいクリスマス商戦に向けた動きが弱い。欧州経済は持ち直しているが本物かどうかわからない。日本も消費増税を乗り越えられるかは、まだ不明だ」と話す。

<出遅れの日本株に相対的魅力も>

一方、世界経済がもたつき、グローバルにリスク資産価格もそれほど上がらないからこそ、日本株は相対的に魅力があるとの指摘もある。

前週、シンガポールや香港などアジアを訪問した外資系証券エコノミストによると、「日本株への関心は高かった。他のマーケットが儲かりそうにないということで、出遅れ感のある日本株を排除すべきでないとみる投資家が多かった。秋以降、GPIFの基本ポートフォリオ変更や、日銀の追加緩和などが期待されている」という。

ただ、日本株はレンジ内の動きから抜け出せないままだ。連休明けの日経平均.N225は反発したが、高値は1万5400円にとどかず、6月中旬以降の1万5000─1万5500円のレンジ内にとどまった。東証1部売買代金も1兆7970億円と連休明けながら膨らまず、「様子見の投資家が多い」(国内投信)という。

三菱UFJ投信・戦略運用部副部長の宮崎高志氏は、日本経済について「実質賃金は上がっていないが、今の消費は高齢者などフローの給与よりもストックの貯金をベースにした消費者が支えている可能性がある。ただ、それは何年も続かない。景気のけん引役であるはずの輸出は一向に伸びず、持続的な賃金上昇に至るかはまだ不明だ」と指摘。日本株が上値を一気に追う材料には乏しいとの見方を示している。

(伊賀大記 編集:田巻一彦)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below