July 29, 2016 / 10:21 AM / 3 years ago

焦点:政府と日銀の危険な綱渡り、ヘリマネとの境界線を市場は不安視

[東京 29日 ロイター] - 日銀の追加緩和に対し、金融市場の反応は冷ややかだ。政府の経済対策との相乗効果をねらっているものの、経済や物価を長期的に押し上げる効果は限定的との見方が多い。

 7月29日、日銀の追加緩和に対し、金融市場の反応は冷ややかだ。政府の経済対策との相乗効果をねらっているものの、経済や物価を長期的に押し上げる効果は限定的との見方が多い。記者会見する黒田総裁(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

むしろ、政府・日銀一体路線の演出は、ヘリコプターマネー(中央銀行による財政ファイナンス)との境界線を綱渡りする危険な姿と映っている。

<一体感の演出>

「極めて緩和的な金融環境を整えていくことは、政府の取り組みと相乗的な効果を発揮する」──。日銀が29日、ETF(上場投資信託)の買い入れ増額を中心とした追加緩和を決定した際に発表した声明文には、こう書かれている。

麻生太郎財務相も同日、デフレ脱却に向けて政府・日銀が政策を総動員して取り組むとする談話を発表。日銀の判断は「政府としても歓迎したい」とした。事業規模28.1兆円、財政措置13.5兆円となる見通しの政府の経済対策は来週閣議決定される。近いタイミングでの発表に、政府と日銀の一体感演出がにじむ。

政府と日銀が財政政策と金融政策で協力するのは悪いことではない。むしろ、長期の景気低迷という現在の日本経済の下で、両者に方向性の違いが感じられれば、円高・株安材料にされる可能性がある。アベノミクス第1弾、旧「3本の矢」の際は、市場でも評価された。

アベノミクス初年度となった13年1月は事業規模20.2兆円、国費10.3兆円の経済対策が編成された。日銀も同年4月にマネタリーベースを年間60─70兆円増額させる量的・質的金融緩和を決定。海外勢を中心に円売り・株買いが強まり、日経平均を約1カ月で3867円、ドル/円を11円押し上げた。

<近づきすぎた距離>

しかし、いわゆるアベノミクス政策が始まって3年あまり。財政政策と金融政策の「距離」は近づきすぎてしまった。

日銀の今年の国債買い入れ額は償還分を合わせて約120兆円。今年度の政府の市中発行額約122兆円にほぼ匹敵する規模だ。残高に占める割合は3分の1程度に達している。国債を低金利で発行できるのは日銀の超低金利政策のおかげだ。

次のポリシーミックスはヘリコプターマネーではないか──。財政政策、金融政策ともに限界が近づいているとされるなかで、無利子永久国債などを引き受ける形で日銀が財政資金を供給することが、将来の増税不安を打ち消し、消費拡大などにつながるとの期待が海外勢を中心に高まっている。しかし、財政規律の弛緩につながりかねないと批判も多い。

今回、日銀はETFの買い入れ額拡大を決定したが、国債は現状維持。ヘリマネからは距離を置いた形となった。市場では「この点では日銀の良心を感じた」(シティグループ証券チーフエコノミストの村嶋帰一氏)と評価する声も出ている。

「政府と日銀の一体感は演出したいが、ヘリマネとは距離を置きたい。どう間合いをとるか、その苦労が見え隠れする決定となった」と、みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏はみる。

<消えないヘリマネの幻影>

ただ、今後につながる政策がみえたわけではない。政府と日銀の「一体路線」を今後、拡大したとしても、これまでのポリシーミックスでは、デフレ脱却や景気浮揚の効果が乏しいとの結果が出ている。

今朝発表された6月のコアCPI(全国消費者物価指数)は前年比0.5%低下。量的・質的金融緩和の導入以前である2013年3月以来の低さとなった。国内総生産(GDP)は一進一退だ。労働環境はほぼ完全雇用状態となっているが、賃金の伸びは依然として鈍い。

日経平均.N225の終値は92円高となったが、一時は300円下落するなど乱高下。日銀がETF購入額をほぼ倍増させるとしたにもかかわらず、反応は鈍かった。「企業の価値は変わらない。相場形成をゆがめるだけ」(国内投信ストラテジスト)との指摘は多い。

日銀は次回会合までにマイナス金利政策を含めた現状の緩和政策の効果などを検証するとしたが、潜在成長力を高める政策を打ち出せない以上、この先、急激な景気悪化や株安・円高局面が到来する局面では、ヘリマネを求める声が浮上する可能性は大きい。

いちよしアセットマネジメント執行役員の秋野充成氏は「黒田東彦総裁は会見でヘリマネを否定していたが、日銀が緩和政策を進めている時に、政府が追加的な財政出動を行うのはポリシーミックスで、より効果があると言及した。これは実質的なヘリマネと捉えられ、株式市場では引き続き政策期待が支える構図が続く」とみる。

政府と日銀が、一体路線とヘリマネの境界線で危険な綱渡りを今後も続けるならば、市場も期待と不安が交錯する神経質な動きとなりそうだ。

伊賀大記 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below