July 28, 2014 / 8:08 AM / 5 years ago

節目突破した日経平均、低下する安倍内閣支持率も買い材料に

[東京 28日 ロイター] - 日経平均が節目の1万5500円を突破した。特段の材料は観測されていないものの、日本株の出遅れ感などに注目した海外ファンド勢の買いではないかとみられている。低下する安倍内閣の支持率も株価対策を期待させるという。

7月28日、日経平均が節目の1万5500円を突破した。低下する安倍内閣の支持率も株価対策を期待させるという。写真は24日、都内にある国連大学本部で撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

ただ、ドル/円の上値は依然重く、業績拡大の楽観論が強まったわけではない。消費増税の影響など、日本経済を取り巻く環境はまだ不透明感が強く、このまま上値追いとなるかについては慎重な見方も多い。

<株価対策に期待>

日本株の地合いの好転を感じさせる強気な声が増え始めてきた。日本経済新聞社とテレビ東京による25─27日の世論調査では、安倍内閣の支持率が48%と第2次安倍内閣発足後、初めて50%を割り込んだが、市場では売り材料としてよりも、むしろ買い材料として受け止める見方が出ている。

支持率の低下は政策実行力の低下につながりかねないが、「支持率が低下すれば、株価対策などやってくれそうだ」(外資系証券エコノミスト)との期待が、特に材料が見当たらない中での日本株買いの背景になっているという。「海外ファンド勢が、今年前半、日本株のポジションを軽くしたことも、積み増しやすい要因」(国内投信)との指摘もあった。

欧米株安に水を差されたが、日本株は前週末から上値を試そうという動きがすでに出ていた。25日のナイトセッションで日経平均先物JNIU4は1万5500円をすでに上回っていた。「米株に高値警戒感が強まるなか、出遅れ感のある日本株に海外投資家の関心が高まっている。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のポートフォリオ見直しなど秋以降の材料もある」(米系証券)という。

先物主導で週明けの日経平均.N225は続伸。1月23日以来、約半年ぶりに1万5500円台を回復した。ここ1カ月抜け出せなかった1万5000円─1万5500円のレンジを上抜けしたことで、先高期待も強まってきた。日経平均リンク債に絡んだオプションのバリアが1万5500円付近にあるとみられていたが、同水準を突破したことで、ヘッジ調整の売りも少なくなりそうだという。

「一時160%をつけていた騰落レシオが100%前後に低下し、市場の過熱感が和らいでいる」(ケイ・アセット代表の平野憲一氏)との指摘もあった。

<先行きは依然、視界不良>

ただ、東証1部売買代金は1兆5922億円と商いは低調。市場のエネルギーが高まってきたわけではない。「一部の短期筋による先物買い戻しで節目を突破したが、社内のフローは売り買いまちまち。方向感は見られない」(準大手証券トレーダー)との声も出ていた。

シーズン入りした国内企業の4─6月決算発表では多少の業績予想の上方修正は出ているものの、日経平均採用銘柄の一株当たり利益は1035円前後で止まったまま。事前の期待値が高くないため、個別銘柄では、決算発表に対し市場予想を基準とした「素直」な株価反応となっているが、円安が進まないこともあって全体的な業績拡大期待が強まっているわけではない。

景気好循環の起点となるはずだった輸出は低迷が続いている。消費増税後の個人消費や住宅投資の落ち込みを公共投資と設備投資が支えているが、財政に余裕はなく、更新需要以外の設備投資もまだわずかだ。物価上昇の影響を除いた実質賃金はマイナスのままで、消費の先行きは不透明だ。

安倍内閣の支持率低下についても、三井住友アセットマネジメントのシニアストラテジスト、濱崎優氏はプラス材料とは言えないと指摘する。「構造改革の進展が見られない。女性労働力の活用を掲げながらも、保育所などの問題は全然進んでいない。集団的自衛権の問題より、女性の支持を失っていることが支持率低下の背景ではないか」と指摘。一時的な株価対策では支持率回復は難しいとみる。

年初来高値を奪回できていない日本株は、欧米株に比べ出遅れ感があるといっても、TOPIX.TOPXの予想PER(株価収益率)でみれば15倍後半。S&P500も15倍後半であり、割安感が強いわけではない。株価対策があったとしても、日本経済の成長力を押し上げることのない需給対策では効果は一時的だ。日経平均は節目を突破したものの、先行きの視界はまだ良好とは言えない。

(伊賀大記 編集:山川薫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below