Reuters logo
原油先物上昇、OPEC事務局長の減産順守拡大発言受け
2017年2月21日 / 20:31 / 10ヶ月前

原油先物上昇、OPEC事務局長の減産順守拡大発言受け

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 21日の原油先物相場は上昇した。石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長が、減産順守率の拡大を目指すと発言し、好感した。

米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物CLc1は0.66ドル(1.24%)上昇して1バレル=54.06ドルで清算した。1月3日以来の高値となる54.68ドルをつける場面もあった。

北海ブレント先物LCOc1は0.48ドル(0.85%)高の1バレル=56.66ドルで清算した。一時、57.31ドルと2日以来の高値をつけた。

OPEC加盟国や主要非加盟国の減産に伴い、原油先物相場が上昇するとの期待が広がる。

だが、投機的な動きが巻き戻せば、相場は大幅な調整局面に入るとみる向きもいる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below