October 4, 2019 / 10:19 PM / 19 days ago

原油先物、米雇用統計受け約1%上昇、週間では5%超下落

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米国時間の原油先物は約1%上昇した。米雇用統計が堅調だったことで世界的な景気減速で原油需要が減退するとの懸念が和らいだことが背景。ただ週間では5%を超えて下落し、2週連続での下落となった。

清算値は北海ブレント先物が0.66ドル(1.14%)高の1バレル=58.37ドル、米WTI原油先物が0.36ドル(0.7%)高の52.81ドル。ただ週初からは北海ブレントが5.7%、WTI原油が5.5%、それぞれ下落。週間ベースの下落としてはともに7月以来最大となった。

プライス・フーチャーズグループのアナリスト、フィル・フリン氏は「原油市場はマクロ経済要因に翻弄されており、必ずしも現在の需給情勢が反映されているわけではない」としている。

米労働省がこの日に発表の9月の雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から13万6000人増加したほか、失業率は3.5%と、約50年ぶりの低水準となった。[nL3N26P2ML]

ただ米供給管理協会(ISM)が1日に発表した9月の製造業景気指数は47.8と、2009年6月以来の低水準となったほか、3日に発表の9月の非製造業総合指数(NMI)は52.6と、16年8月以来の低水準となった。[nL3N26M3BW][nL3N26O2T7]

コメルツ銀行のコモディティー担当シニアアナリスト、カーステン・フリッチ氏は「非製造業部門はこれまでは底堅く推移していたが、製造業部門で見られていた問題が波及し始めた。こうしたことは輸送需要の低下にもつながり、原油需要の下押し要因となる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below