November 12, 2019 / 1:56 AM / a month ago

原油先物は下落、米中通商交渉巡る警戒感で

11月12日、アジア時間の原油先物価格は続落。テキサス州ミッドランドで2月撮影(2019年 ロイター/Nick Oxford)

[東京 12日 ロイター] - 12日アジア時間の原油先物価格は続落。米中通商協議に進展の兆しがほとんどないほか、サウジアラビアの原油生産が増えたことが相場の重しとなった。

0039GMT(日本時間午前9時39分)時点で、米WTI原油先物CLc1は0.20ドル(0.4%)安の1バレル=56.66ドル。北海ブレント先物LCOc1はまだ取引が成立していない。

OANDAのシニア市場ストラテジスト、エドワード・モヤ氏は、「10月は(米中の)第1段階の通商合意がエネルギー需要を押し上げるとの期待で上昇の勢いがあったが、貿易を巡る懸念で勢いが一部失われた」と指摘した。

12日はトランプ米大統領がニューヨーク経済クラブで講演する予定となっており、市場には慎重ムードが漂っている。

一方、サウジアラビアは10月に産油量を日量1030万バレルに増やした。石油輸出国機構(OPEC)の目標は下回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below