Reuters logo
原油先物が下げに転じる、OPEC合意の詳細待ちで様子見ムード
2016年9月29日 / 05:56 / 1年後

原油先物が下げに転じる、OPEC合意の詳細待ちで様子見ムード

[シンガポール 29日 ロイター] - 29日の取引で、序盤に約3週間ぶりの高値を付けた原油先物が下げに転じた。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意について、履行方法の詳細を見極めたいとの思惑が強まったため。

 9月29日、序盤約3週間ぶりの高値を付けた原油先物が下げに転じた。OPECの減産合意について、履行方法の詳細を見極めたいとの思惑が強まった。非公式会合が待たれるアルジェリアの首都アルジェで28日撮影(2016年 ロイター/Ramzi Boudina)

0431GMT(日本時間午後1時31分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.26ドル安の1バレル=48.43ドル。序盤には49.09ドルで、9月9日以来の高値を付けていた。前日は2.72ドル(5.9%)高で清算していた。

米原油先物CLc1は0.06ドル安の1バレル=46.99ドル。一時47.47ドルで9月8日以来の高値を付けていた。前日は2.38ドル(5.3%)高で清算していた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below