April 12, 2018 / 2:47 AM / 9 days ago

焦点:仮想通貨は「イスラム教義の壁」超えるか、金の活用も

Andrew Torchia and Bernardo Vizcaino

 4月8日、中東における金取引の中心地であるアラブ首長国連邦(UAE)では、金塊が金融工学における新たな役割を果たしつつある。ドバイのゴールドスーク(黄金市場)で3月撮影(2018年 ロイター/Christopher Pike)

[ドバイ/シドニー 8日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの名所「ゴールドスーク(黄金市場)」では、世界各地から訪れた客がバングルやネックレスの値引き交渉で忙しいが、中東における金取引の中心地であるこの国では、金塊が金融工学における新たな役割を果たしつつある。

昨年設立された地元の新興企業「ワングラム」は、金を裏付け資産とする仮想通貨を発行。仮想通貨投資がイスラムの教義に違反していないことをムスリムに納得させようという試みの一環だ。

ビットコインなどの暗号通貨に対する関心は世界的に高まっており、イスラム金融の中心地であるペルシャ湾岸諸国や東南アジアにもその波は及んでいる。だが、仮想通貨は金融工学の産物であり、投機対象となっていることから、イスラムの教義とは折り合いが悪い。

シャイリーア(イスラム法)の原則では、利息の支払いを禁じていることに加え、現物資産に基づくリアルな経済活動を重視しており、純粋な金銭的投機には難色を示している。

そのためイスラム法学者のあいだでは、仮想通貨が教義上許容されるかどうかの論争が巻き起こっている。仮想通貨の発行企業は、現物資産に裏付けられ、イスラム法学者の顧問が正当と認めた商品を投入することにより、こうした論争から免れようとしている。

ワングラムが発行する仮想通貨は、1個につき最低1グラムの現物の金が厳重に保管されている。投機的売買を制限するための方策だ。

「金はイスラム社会における通貨の最初の形だ。したがってこの暗号通貨はイスラム的に問題がない」。昨年ワングラムを共同で設立した英国人のイブラヒム・モハメド氏はそう語る。

「私たちは、シャリーアから導かれるルールや規定がブロックチェーン技術と完全に両立することを証明しようと努めている」

ワングラムが発行した仮想通貨は、これまでに数千万ドル相当に達している。予定発行枚数の約6割はまだ発売されていない。5月末にコインを取引所に上場するまでに、全てを発行したいという。

ワングラムは、ドバイに本拠を置くアルマーリ・コンサルティングから、同社の仮想通貨がシャリーアの原則に準拠しているという裁定を得ている。

アルマーリは、シャリーアの基準に照らした金融商品の適否について見解を提供する、世界に数十社あるコンサルタント会社の1つだ。

昨年10月、マレーシアで金に裏付けられた暗号通貨のICO(イニシャル・コイン・オファリング)を行ったハローゴールドも、やはりクアラルンプールに本拠を置くアマニ-・アドバイザーズのイスラム法学者による承認を得ている。

ハローゴールドで最高マーケティング責任者を務めるマニュエル・ホー氏は、自社のコインについて、取引が所定の期間内に行われるためボラティリティーが限定的であり、価格決定の曖昧さという問題も対処されているため、イスラム的だと説明する。

他の試みとしては、アラブ首長国連邦のハラル・チェーンが、イスラムにおいて許容されている資産データに紐付けられた仮想通貨のICOを12月に実施している。

<シャリーア委員会>

湾岸諸国や東南アジアにおける銀行活動のうち、シャリーアの原則を遵守しているのは20─30%にすぎない。多くのムスリムは、利回りの高さや利便性に惹かれて、通常の金融機関を利用している。

とはいえ、教義上許容されるかという問題の影響力は大きく、公式にはシャリーア遵守を約束しているイスラム系のファンドや金融機関が暗号通貨の取引を左右する可能性がある。

「最大の問題の1つは、仮想通貨についてはあまりにも多くのことが語られており、どのような展開になるかがひどく不確実だという点だ」とHSBCアマナー(マレーシア)のジヤード・マホメド氏は語る。彼は同社でイスラム関係の取引を監督するシャリーア委員会を率いている。

 4月8日、中東における金取引の中心地であるアラブ首長国連邦(UAE)では、金塊が金融工学における新たな役割を果たしつつある。ドバイのゴールドスーク(黄金市場)で3月撮影(2018年 ロイター/Christopher Pike)

各国のシャリーア関連当局は、仮想通貨が許容されるかどうかの裁定をまだ下していない。イスラム金融に関する基準を勧告するグローバル規模の団体もいくつかあるが、いずれもその基準を強制する権限を持たない。多くの政府は、潜在的な不安定さを憂慮しつつも、新たなテクノロジーの恩恵を被るチャンスを逃したくないという、どっちつかずの態度を取っているように見受けられる。

サウジアラビアとUAEの中央銀行は、国民に対しビットコイン取引のリスクについて警告を発しているが、明確に禁じてはいない。

そのためイスラム諸国の投資家は、コンサルタント会社や金融会社、学術機関に所属するイスラム法学者による、場合によっては矛盾する判断のあいだで選択に悩むことになる。

初期段階で示された判断の1つに、カリフォルニアで活動するイスラム金融関連書の著者として有名な研究者モンザー・カーフ氏によるものがある。同氏はビットコインについて、価格操作に対する脆弱さはあるものの、イスラム法における正しい価値媒介手段であるとした。

HSBCアマナーのマホメド氏によれば、その後、南アフリカのイスラム法学者が「社会的に容認され、一般的に用いられている」として仮想通貨に好意的な判断を下しているという。

ところが10月、ダーバンに本拠を置くダルール・イーサン・センターが、ピラミッド・スキーム(マルチ商法)の可能性を懸念し、仮想通貨の承認を見送った。トルコ、インド、英国のイスラム法学者のなかにも許容できないとする判断が見られた。エジプトのイスラム教最高権威者「大ムフティ」が1月、仮想通貨の取引禁止を宣言した。

マレーシアに本拠を置く国際イスラム金融シャリーア研究アカデミーのファルク・ハビブ研究員によれば、論争を複雑にしているのは、デジタルコイン、あるいはトークンは何百種類もあり、流通やマイニング、取引に関してそれぞれに独自の特徴を持っていることだという。

「仮想通貨は、その原資産となるコモディティやプロジェクト、事業という点で非常に異なっているため、シャリーア上、すべての暗号通貨に関する包括的な判断を下すことは適切ではない」とハビブ氏。

同氏は、シャリーア遵守という基準で仮想通貨を分類するプロジェクトに参加している。「これまでのシャリーア上の判断は、ビットコインだけを対象としているか、それぞれの特徴を無視してあらゆるタイプの暗号通貨を対象としているか、いずれかだ」

<複雑さ>

もう一つの問題は、イスラム法学者の多くがデジタル通貨の複雑さをなかなか理解できない点だと、ロンドンのコルドバ・キャピタルでマネージング・ディレクターを務めるハリス・イーファン氏は語る。

「取引の法理はシャリーアのなかでも非常に複雑な分野であり、コミュニティレベルの法学者が発する法的見解を受け入れてしまうのはどうかと思う」と語るイーファン氏。同氏は、仮想通貨を含むフィンテック商品のシャリーア遵守についての認証ガイドラインを作成している英国イスラム・フィンテック・パネルの座長を務めている。

マホメド氏は、仮想通貨を資産の1つの形態だとみなす世界的な共通見解がある程度生まれつつあり、これは仮想通貨受容への1歩前進だと述べている。

だが、暗号通貨が実際に通貨であるかどうかという点に関して、イスラム法学者たちはまだ最終的な判断を下していない。ザカートと呼ばれるイスラム税の支払いや相続に関して、これは重要な点だ。

マホメド氏は、ジェッダに本拠を置く有力機関の名を挙げつつ、「少なくともイスラミック・フィクフ・アカデミーのような上位機関がこの問題について自らの見解を明らかにするなど、共通見解に達するには、全体としてもっと証拠が必要だ」と語る。

フィクフ・アカデミーのファトワ部門ディレクター、アブドルカヒール・カマール氏は、同アカデミーは暗号通貨に関する決定をまだ何も発表していないが、今年の公式会議の1つでこの主題について議論する予定になっている、とロイターに語った。

同氏によれば、確定したスケジュールはないものの、フィクフ・アカデミーではこの件について法学者らによるセミナーを開催することも検討しているという。

Slideshow (2 Images)

(翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below