for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仮想通貨交換所バイナンス、EU主要決済網からの入金を一時停止

 暗号資産(仮想通貨)交換所バイナンスは7月6日、欧州の主要な決済ネットワークからの入金を一時停止すると利用者に通知した。「当社にはコントロールできない事象」が理由だと説明している。6月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[6日 ロイター] - 暗号資産(仮想通貨)交換所バイナンスは6日、欧州の主要な決済ネットワークからの入金を一時停止すると利用者に通知した。

同社の電子メールによると、利用者はUTC(協定世界時)7日午前8時から「単一ユーロ決済圏(SEPA)」の枠組みを通じた入金ができなくなる。バイナンスは「当社にはコントロールできない事象」が理由だと説明している。SEPAを通じた資金の引き出しに影響はないという。

SEPAはユーロ決済の仕組みを統一することを目指す欧州連合(EU)のプロジェクトで、利用者は約30カ国にユーロを送金できる。バイナンスは通常、決済仲介業者を通じてSEPAにアクセスしている。

バイナンスを巡ってはこのところ、各国で規制当局による取り締まりが強まっている。

タイ証券取引委員会は2日、デジタル資産事業を無許可で営業していたとして同社を刑事告発。英金融監督当局は6月、同社の英国法人の事業を禁止した。

日本の金融庁も、無登録で事業を行ったとして警告を出している。ドイツの金融監督当局は4月、株価連動トークンの提供を巡って同社に罰金を科す可能性があると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up