for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仮想通貨に「キムチプレミアム」、原因は韓国の資本規制=BofA

 5月18日、バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、韓国でビットコインなどの仮想通貨が国際価格を大幅に上回る水準で取引されていることについて、国境を越えたホットマネーを規制する資本規制により、裁定取引ができないことが理由だとのリポートをまとめた。1月8日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ソウル 18日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ(BofA)は18日、韓国でビットコインなどの仮想通貨が国際価格を大幅に上回る水準で取引されていることについて、国境を越えたホットマネーを規制する資本規制により、裁定取引ができないことが理由だとのリポートをまとめた。

仮想通貨取引所ビットスタンプのビットコインの価格は18日時点で4万5219ドルだが、コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、韓国での取引価格はこの水準を約4000ドル上回っている。2018年1月には、この上乗せ価格(プレミアム)が一時8000ドル近くに達した。

同行は18日のリポートで「韓国の仮想通貨の国内価格は、一貫して国際価格を上回っている。これは効果的な資本規制で国内価格と海外価格の効果的な裁定取引ができないことが理由だとみられる」と分析。

「韓国の資本規制により『キムチプレミアム』が続いている」と指摘した。

リポートによると、第1・四半期の韓国の仮想通貨の1日当たりの取引高は推定1480兆ウォン(1兆3100億ドル)。韓国株式市場のKOSPI市場とKOSDAQ市場の合計取引高を上回る日もあるという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up