for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ステーブルコイン、従来型決済手段と同じ安全対策が必要に

[ロンドン 6日 ロイター] - 証券監督者国際機構(IOSCO)と国際決済銀行(BIS)は6日、ステーブルコインについて、従来型の決済手段と同じ安全対策が必要になるとの提案をまとめた。

よく利用されている「システミックな」ステーブルコインが対象。意見公募を行い、来年初めに最終決定する。

ステーブルコインの運営企業は法人を設立し、企業統治体制や、サイバー攻撃などオペレーショナルリスクの管理方法について、詳述することが必要になる。

ステーブルコインの運営を許可する国は、IOSCOとBISへの所属の一環で、今回の原則を適用することを義務付けられる。

不換通貨のバスケットにペッグしているステーブルコインは、今回の提案の対象外で、別個に検討を進める。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up