July 31, 2018 / 11:37 PM / 3 months ago

ビットコイン、7月最終日は下落でも月間で上昇 今後一段安も

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 31日午後の取引で、仮想通貨ビットコインBTC=BTC=BTSPは5%超下げて7700ドルを割り込み、1週間ぶり安値を付けた。ビットコインは7月月間では20%以上上昇したが、最終日の取引では下落している。

 7月31日、午後の取引で、仮想通貨ビットコインは5%超下げて7700ドルを割り込み、1週間ぶり安値を付けた。サラエボで2月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

下落の一因は、米証券取引委員会(SEC)が先週、ウィンクルボス兄弟によるビットコイン上場投資信託(ETF)の導入を却下する判断を下したことへの失望感にある。

アナリストはこれに加え、テクニカル要因も30日以降に売り圧力を拡大させたとみている。

FxProのアナリストは31日のリサーチノートで「現時点のテクニカル分析では強気基調にない」と指摘。「価格がこのところの安値である7850ドルを割り込む場合、弱気サインはさらに強まる可能性がある。そうなると、テクニカル分析を好む投資家だけでなく、普通の投資家にとっても売りシグナルとなりかねない」とした。

ルクセンブルクのビットスタンプ取引所で、ビットコインは1921GMT(米東部時間午後3時21分)時点で5.2%安の7738ドル。月間では21.3%上昇。5月と6月は月間で下落していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below