for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード、仮想通貨サービス拡充 バックトと提携

 10月25日、米クレジットカード大手マスターカードは、同社のパートナーがデジタルウォレットを使った暗号資産(仮想通貨)の売買や保有ができるようにすると明らかにした。写真はボスニア・ヘルツェゴビナのゼニツァで7月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[25日 ロイター] - 米クレジットカード大手マスターカードは25日、同社のパートナーがデジタルウォレットを使った暗号資産(仮想通貨)の売買や保有ができるようにすると明らかにした。また仮想通貨をポイント代わりにためたり使ったりできようにする。

マスターカードは、このサービスについて米デジタル資産プラットフォーム会社バックト・ホールディングスと提携した。バックトはニューヨーク証券取引所を傘下に置くインターコンチネンタル取引所が2018年に創設。今年、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて上場した。バックト株は25日、234%高で終了した。

同業のビザも昨年、暗号資産関連のサービス提供でベンチャー企業のブロックファイと提携した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up