March 19, 2019 / 2:18 AM / a month ago

米視覚障害男性、ハーフマラソンで盲導犬と完走 史上初

[18日 ロイター] - 米ニューヨークで17日行われたハーフマラソンに、視覚障害の男性と盲導犬3匹が参加し完走を果たした。伴走者とでなく、盲導犬の誘導のみによる完走は史上初だという。

今回偉業を達成したのはトーマス・パネクさん(48)。「ワッフルズ」「ウェストリー」「ガス」と名付けられたラブラドールレトリーバーが交代で誘導し、13.1マイル(21.1キロメートル)を2時間半弱のタイムで走り切った。

3匹はそれぞれ3─5マイルを伴走。パネクさんは1マイル10.5分の平均ペースを守ったという。

CNNニュースなどによれば、パネクさんは20代前半に失明。これまでに伴走者と20以上のマラソンを完走している。

パネクさんはCBSニュースに「他の人とつながれているかぎり、自分のレースとは言えない。自立していないからだ」と話した。

タイムズスクエアを抜けるコースが含まれるこのハーフマラソンには、約2万人が参加した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below