April 25, 2018 / 9:16 AM / 3 months ago

米国からキューバへの渡航者、第1四半期は7%減 規制強化など響く

[ハバナ 24日 ロイター] - 米国からのキューバ訪問者が第1・四半期は前年比7%減少した。公式統計で明らかになったもので、トランプ米大統領によるキューバへの渡航規制強化が響いた。

キューバの観光省幹部は会見で、「米国からの訪問者は2017年の56.6%にとどまっている」と述べた。

オバマ前大統領による国交正常化で規制が緩和、キューバへの渡航者数は増加した。しかしトランプ大統領が昨年、キューバへの姿勢を硬化したことから渡航は難しくなった。さらに、ハバナの米大使館職員に謎の症状が発生、渡航への警戒を呼び掛けた。

キューバ政府は、今年の海外からの渡航者が500万人に達すると見込んでいる。17年は16.2%増で過去最高の470人に達した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below