April 9, 2019 / 2:06 AM / in 5 months

MLB=キューバ野球連盟との協定、トランプ政権が却下

 4月8日、米大リーグ機構(MLB)とキューバ野球連盟(FCB)が昨年12月、亡命していないキューバ人選手のMLB入りを可能にすることで歴史的合意に達したのに対し、トランプ政権はこれを却下した。写真はキューバ代表ピッチャーのウォームアップ風景、ハバナで2018年12月19日撮影(2019年 ロイター/カメラマンの名前)

[ワシントン 8日 ロイター] - 米大リーグ機構(MLB)とキューバ野球連盟(FCB)が昨年12月、亡命していないキューバ人選手のMLB入りを可能にすることで歴史的合意に達したのに対し、トランプ政権は8日、これを却下した。

政府高官によるとこの協定は、オバマ前大統領による「FCBはキューバの共産主義政府の一部ではない」との間違った解釈を基にしており、実施を許可できないという。

これを受けて、FCBはツイッターを介し「MLBとの合意は人身売買の防止、協力関係の強化、野球のレベルアップを目指している」と主張。「合意に対する政治的な攻撃は、選手とその家族、そしてファンを傷つけるものだ」とコメントした。

2004年五輪で金メダルを獲得したキューバ代表チームの一員であるカルロス・タバレス氏は、トランプ政権が「野球を通じてでも、われわれを破壊しようとしている」と発言。MLBとの合意が認められていれば、キューバの選手は「人身売買業者によって命の危険にさらされることなく、米国に合法に入国することができた」と語った。

*内容を追加しました

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below