August 6, 2019 / 3:58 AM / in 17 days

コラム:米中の「停戦」、為替操作国認定で一段と遠のく

[サンフランシスコ 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国政府が1ドル=7元を超える人民元安を容認したことを受けて、米財務省は中国を為替操作国に認定した。中国の操作国認定は1994年以来。米国と中国の対立は一気にエスカレートし、両国が通商協議で「停戦」に合意するのは一段と難しくなるだろう。トランプ大統領と習近平・国家主席は身動きの取れない状況に陥った。

8月5日、中国政府が1ドル=7元を超える人民元安を容認したことを受けて、米財務省は中国を為替操作国に認定した。写真は米国と中国それぞれの紙幣と国旗。5月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

トランプ氏は先週来、中国に強烈な攻撃を繰り出している。1日には米国産農産物の購入や合成オピオイド「フェンタニル」の出荷停止で約束を守っていないと中国を非難し、中国からの輸入品3000億ドル相当に10%の追加関税を課すと発表した。トランプ氏は2020年の再選を目指して準備を進めており、これらの問題はトランプ氏の票田にとって重要な意味を持つ。

中国の為替操作国認定で緊迫の度合いは劇的に高まった。過去の米政権は中国の操作国認定に反対の立場を取り、財務省は5月の報告で中国政府による人民元相場押し下げはないと明言した。しかし、ムニューシン財務長官は先週北京で開かれた米中通商協議から手ぶらで帰国し、トランプ氏はツイッターに中国は人民元相場の操作によって米国のビジネスや工場を盗んでいると投稿した。

人民元の対ドル相場は2008年以来の水準に下落した。中国人民銀行(中央銀行)は、人民元安は「保護主義と関税」が原因と指摘したが、人民元急落は中国の景気悪化に対する市場の当然の反応でもある。5日に米株価は3%程度下落し、米国債利回りは約3年ぶりの水準に下がった。

財務省がどのような理由で中国を操作国に認定したのかは不明確だ。2015年の基準によると(1)外為市場で一方的に介入、(2)経常黒字の対GDP比が2%超、(3)対米貿易黒字が200億ドル以上─という項目を満たすと操作国に認定され得る。5月の為替報告書によると、中国はこのうち1項目しか満たしておらず、中国政府は近年、人民元を押し下げるのではなく押し上げるために介入することがある。

中国の操作国認定に伴う足元での実際の影響は限られるだろう。米政府が導入し得る最も重大な対中制裁は、1年の交渉を経て発表された10%の追加関税だ。ただ、トランプ氏は習氏に2020年の米大統領選後を待たずに通商問題で合意するよう求め、中国に米国産農産物の購入拡大も要求している。「タリフマン(関税男)」が「カレンシーマン(通貨男)」に変身した今、中国政府が急に態度を変えるとは考えにくい。

●背景となるニュース

*人民元安が進み1ドル=7元を超えたことを受けて、米財務省は5日、中国を「為替操作国」に認定したと発表した。中国による不公平な競争を排除するためにムニューシン財務長官が国際通貨基金(IMF)に働き掛けるとした。

*米国が中国を為替操作国に認定するのは1994年以来。トランプ米大統領は5日のツイッターに、中国は常に為替操作を利用して米国のビジネスや工場を「盗んで」きたと投稿した。一方、中国人民銀行(中央銀行)は、人民元の動きは「二国間主義、保護主義、関税」の影響を受けているとの声明を発表した。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below