February 21, 2018 / 2:57 AM / 7 months ago

AIの急速な発展、ハッカーによる悪用リスクも拡大=専門家

[フランクフルト 21日 ロイター] - 人工知能(AI)の急速な発展により、AIを使ったなりすましやサイバー攻撃の自動化などの悪用リスクも高まっていると警告する報告書が21日公表された。

 2月21日、人工知能(AI)の急速な発展により、AIを使ったなりすましやサイバー攻撃の自動化などの悪用リスクも高まっていると警告する報告書が公表された。写真はベルリンで2013年5月撮影(2018年 ロイター/Pawel Kopczynski)

報告書はケンブリッジ大、オックスフォード大、エール大の技術・公共政策の研究者、プライバシー保護や軍事分野の専門家などがまとめた。

報告書は、AIの悪用により、大規模かつ正確で効果的な攻撃が可能になり、電子的、物理的、政治的な脅威をもたらしていると指摘。独裁政権などがAIを使って、画像や文章、音声を合成し、インターネット上で他人になりすまし、世論形成に影響を与える危険性を挙げた。

オックスフォード大の人類未来研究所のマイルス・ブランデージ主任研究員は、われわれはAIの応用が多大な恩恵をもたらすことで意見が一致しているが、悪用問題については十分な議論がなされていないとの考えを示した。

報告書は、人間の代わりにAIを使うことで、サイバー攻撃に必要なコストが引き下げられる可能性があると指摘。人間だけでは実行できない攻撃やAIシステム自体の脆弱さを悪用した攻撃が行われる可能性があると警告した。

また、各国政府や政策・技術の専門家に対し、こうしたリスクを取り除くために協力するよう呼び掛けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below