May 19, 2020 / 6:01 AM / 17 days ago

サイバー攻撃、最大の動機はスパイ行為ではなく金銭的利益=報告

 5月19日、2019年に発生したデータの不正アクセスでは、最大の動機がスパイ行為ではなく金銭的利益だったことが、19日に公表されたサイバー犯罪に関するベライゾン・ビジネス・グループの年次報告書で分かった。写真はポーランドのワルシャワで2017年5月撮影(2020年 ロイター/Kacper Pempel)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 2019年に発生したデータの不正アクセスでは、最大の動機がスパイ行為ではなく金銭的利益だったことが、19日に公表されたサイバー犯罪に関するベライゾン・ビジネス・グループの年次報告書で分かった。

報告書は81カ国で生じた事例3万2000件超と確認済みの不正アクセス約4000件の調査に基づき、不正アクセス10件中約9件が金銭的な利益が動機になっていたと分析した。

また、確認された不正アクセス件数は前年の倍に増加したという。

新型コロナウイルス感染症の流行で外出が制限される中、企業へのサイバー攻撃は増加するとみられている。

報告書によると、データの不正アクセスの86%はスパイ行為ではなく金銭が目的。認証情報の入手、フィッシング詐欺、企業のメールへのアクセスがサイバー攻撃の67%を占めた。

企業がウェブベースのソリューションへの移行を進める中、ウェブやクラウドアプリの不正アクセス比率も43%に上昇。前年の倍となった。

ベライゾン・ビジネス・グループのアーウィン最高経営責任者(CEO)は、新型コロナの感染拡大を受けた在宅勤務モデルへの「デジタル変換」がセキュリティーに関するリスクをもたらしていると指摘。フィッシング詐欺などの不正行為に関する従業員の教育がサイバー攻撃の防止につながると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below