August 9, 2018 / 10:49 AM / 6 days ago

保護主義的な貿易措置、世界経済の主要リスク=独・チェコ中銀総裁

[プラハ 9日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中央銀行)のワイトマン総裁とチェコ国立銀行(中央銀行)のルスノク総裁は9日、経済大国による保護主義的な貿易措置の拡大は世界経済にとって最大のリスクだとの見解を示した。両総裁はプラハで非公式に会談。共同声明を発表し、高水準の政府債務は財政政策の余地を狭めるとの見方を示した。

ルスノク総裁は「われわれは、世界の経済大国の通商関係を巡る保護主義的措置の拡大を主要な世界的リスクとみている」と指摘。「一部の国で金融危機の負の遺産がまだ残っている時期に、こうしたトレンドがみられることは懸念すべきだ」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below