March 6, 2019 / 6:58 AM / 3 months ago

チェコの男性、自宅敷地内で飼育のライオンに襲われ死亡

[プラハ 5日 ロイター] - チェコの男性が、自宅の敷地内で飼育していた雄のライオンに襲われて死亡した。ライオンはその後、警察によって射殺された。

地元報道によると、男性はプラハから約350キロ南東にある村に住んでいた。自宅の庭に作った飼育用の檻に入ったところ、ライオンに襲われたという。

一緒に飼育されていた雌のライオンも警察に射殺された。

警察の広報担当者は5日、「33歳の男性がライオンに襲われて死亡した」とし、ライオンと一緒にいた男性のところにたどり着くため、警察は2頭を射殺せざるを得なかったと説明した。

男性は2016年にスロバキアから2頭のライオンを連れてきた。村に動揺が広がる一方、メディアの注目を集めていた。

報道では、男性は近隣住民を庭に招き入れてライオンを見せるなどしていたが、飼育許可を得ていなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below