for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チェコ大統領がコロナ感染で入院、職務一時休止

11月25日、チェコ大統領府はゼマン大統領(77)が新型コロナウイルス検査を受け陽性反応が出たと発表した。写真は2019年4月、ウィーンを訪問中のゼマン大統領(2021年 ロイター/Leonhard Foeger)

[プラハ 25日 ロイター] - チェコ大統領府は25日、ゼマン大統領(77)が新型コロナウイルス検査を受け陽性反応が出たと発表した。

ゼマン大統領は入院し、治療中は職務を一時的に休止するという。

同大統領はコロナウイルスワクチンを3回接種している。現地メディアによると、同大統領は無症状だという。

チェコは25日、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めをかけるため、バーやナイトクラブなどの営業を午後10時までとするほか、クリスマスマーケットの開催を禁止するなどの抑制策を導入した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up