December 16, 2019 / 1:44 AM / 8 months ago

中国の北京汽車が独ダイムラー株買い増し、筆頭株主狙う=関係筋

 独ダイムラーの中国の主要合弁事業パートナー、北京汽車集団(BAIC)がダイムラー保有株を約10%に倍増させる計画を進め、浙江吉利控股集団から筆頭株主の座の奪取を目指している。写真は北京で開催された自動車展示会に出展したBAICの車両。2018年10月18日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[北京/香港/フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)の中国の主要合弁事業パートナー、北京汽車集団(BAIC)[BEJINS.UL]がダイムラー保有株を約10%に倍増させる計画を進め、浙江吉利控股集団から筆頭株主の座の奪取を目指している。関係者2人がロイターに明らかにした。

関係者によると、既にダイムラー株5%を保有しているBAICは、公開市場で買い増しを開始している。同社は現在、ダイムラー第3位の株主。10%取得すれば、現在約9.69%を保有し、中国でのダイムラーとの提携拡大を目指す吉利の出資率を上回る。

関係者はまた、保有株約10%とともに、BAICはダイムラーの監査役会に役員を送り込むことを狙っていると指摘した。吉利は現在、監査役会にメンバーを派遣していない。

ダイムラーは先月、英金融大手HSBCが11月15日時点でダイムラーの議決権5.23%を保有していると発表した。

ロイターの取材に対しダイムラーは、BAICが出資率を引き上げたという通知は受けていないと回答した。ダイムラーの中国事業を統括するフベルトゥス・トロスカ氏は13日、「ダイムラーへの長期的投資家を歓迎する」と述べ、BAICと同社が出資率を引き上げる可能性について聞かれると「われわれは相性が良い。事態の先行きを見守りたい」と付け加えた。

3人目の関係者は、BAICは中国におけるダイムラーの最重要パートナーになるため、出資率で吉利を上回りたいと説明した。

取材に対し、BAICと吉利からのコメントは得られていない。HSBCはコメントを拒否した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below