September 26, 2018 / 10:44 AM / 3 months ago

独ダイムラー、次期CEOに初の外国人 ツェッチェ氏は監査役会会長に

 9月26日、独自動車大手ダイムラーは次期最高経営責任者(CEO)にスウェーデン人でメルセデス・ベンツ・カーズの開発責任者のオラ・カレニウス氏(49)を任命したと発表した。ベルリンで4月撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[フランクフルト 26日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)は26日、次期最高経営責任者(CEO)にスウェーデン人でメルセデス・ベンツ・カーズの開発責任者のオラ・カレニウス氏(49)を任命したと発表した。

カレニウス氏は2019年にCEOに就任する。現CEOのディーター・ツェッチェ氏は2021年に監査役会会長に就任する見通し。この人事は株主の承認を必要とする。

現監査役会会長のマンフレート・ビショフ氏は声明で「ディーター・ツェッチェ氏を監査役会会長に任命することで、ダイムラーの成功の持続が確実となる。オラ・カレニウス氏については、国際経験を持つ、認められたダイムラーの取締役を(CEOに)任命した」と述べた。

ダイムラーにとって、ドイツ人以外の人物をCEOに据えるのは初めて。

自動車業界は、自動運転車の開発でハイテク企業との競争に直面している。

ダイムラーによると、ツェッチェ氏は2019年の年次株主総会終了をもって取締役会会長およびメルセデス・ベンツ・カーズの統括責任者からも退く予定。

カレニウス氏の後任には、メルセデス・ベンツ・カーズの生産部門責任者のマルクス・シェファー氏が就く。

ツェッチェ氏は、カレニウス氏のCEO任命について、「ダイムラーでさまざまな職責を担うなかで、わたしのみならず、幅広い社員から認められる存在となった。彼は貴重な国際的視点も提供してくれる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below