October 23, 2014 / 8:38 AM / 3 years ago

独ダイムラーの第3四半期は67%増益、メルセデス部門が好調

[フランクフルト 23日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)が23日発表した第3・四半期決算は、営業利益が67%増加した。高級車販売が好調だったほか、ロールス・ロイス(RR.L)との合弁事業の持ち分売却が利益を押し上げた。

第3・四半期の利払い・税引き前利益(EBIT)は、37億3000万ユーロ(47億2000万ドル)。これには、ロールスロイスとの事業の持ち分50%を同社に売却したことに伴う利益(10億1000万ユーロ)が含まれる。

    継続事業のEBITは、メルセデスベンツやトラックの販売好調を背景に、21%増の27億9000万ユーロとなった。

    メルセデスベンツ部門EBITは、32%増の15億8000万ユーロ(20億ドル)となり、全体の約42%に達した。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below