October 29, 2018 / 8:29 AM / in 17 days

米テスラと協力する可能性排除しない=独ダイムラーCEO

 10月29日、独自動車大手ダイムラーのディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)はポーランド紙ジェチポスポリタに対し、ダイムラーは米テスラ株を売却したが、今後テスラと協力する可能性について排除していないと述べた。写真はパリで3日撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[ワルシャワ 29日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラー(DAIGn.DE)のディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)はポーランド紙ジェチポスポリタに対し、ダイムラーは米テスラ(TSLA.O)株を売却したが、今後テスラと協力する可能性について排除していないと述べた。

CEOはテスラ株売却について「全く後悔していない」としたうえで「今後の協力を排除するものではない」との見方を示した。

ダイムラーは2014年にテスラ株式を4%売却。また前月にはメルセデス・ベンツの電気自動車(EV)専門ブランド「EQ」初の市販モデルとしてスポーツ多目的車(SUV)を発表。高級EV市場を独占するテスラから、シェアを奪う狙いがある。[nL3N1VP4AK]

CEOはまた、テスラ株を買い戻す理由は見当たらないとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below