November 1, 2018 / 7:31 AM / 14 days ago

大和証券G、北京市傘下の国管中心と合弁証券設立で覚書締結

 11月1日、大和証券グループ本社は、中国・北京市傘下の資産運用会社である北京国有資本経営管理中心(国管中心)と、合弁証券会社を設立するための覚書を締結したと発表した。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 1日 ロイター] - 大和証券グループ本社(8601.T)は1日、中国・北京市傘下の資産運用会社である北京国有資本経営管理中心(国管中心)と、合弁証券会社を設立するための覚書を締結したと発表した。大和証G側の出資比率は51%。

国管中心は国有企業の株式管理や再編などを担う。新たに設立する合弁証券では、大和証Gの世界的なネットワークとノウハウを生かし、クロスボーダービジネスを中心として業務基盤を確立する。将来的に、中国ビジネスの中核を担う総合証券会社に育てていく方針だ。

大和証Gは国管中心および中国証券監督管理委員会と、合弁証券会社の設立申請に向け協議を進めるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below