September 16, 2014 / 7:27 AM / 5 years ago

中国大連市、43億ドルで新空港建設へ=地元メディア

[北京 16日 ロイター] - 中国メディアが16日伝えたところによると、遼寧省大連市は、沖合にある広さ20.9平方キロメートルの人口島に空港を建設する計画。建設費は総額263億元(42億8000万ドル)となる。

地元メディアcarnoc.comによると、新空港の滑走路は4本で、エアバス(AIR.PA)の超大型旅客機A380も利用可能。埋め立て地に建設される空港としては、世界最大級の規模となる。

既存の大連周水子国際空港は、5年以内には急増する利用客に対応できなくなるとみられており、大連国際空港の会長Cai Li氏は新空港建設は時宜を得た計画だ、と語った。

当局データによると、大連周水子国際空港の昨年の利用客1400万人を上回り、前年から5.6%増加した。同空港の利用客数は中国国内で17番目に多い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below