March 12, 2018 / 3:57 AM / 6 months ago

テニス=BNPパリバOP、ダニエルがジョコビッチ撃破 錦織棄権

[11日 ロイター] - テニスのBNPパリバ・オープンは11日、米カリフォルニア州インディアンウェルズで試合を行い、男子シングルス2回戦では、世界ランキング109位のダニエル太郎が元世界1位の第10シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を7─6、4─6、6─1で下し、3回戦進出を果たした。

 3月11日、テニスのBNPパリバ・オープンは、米カリフォルニア州インディアンウェルズで試合を行い、男子シングルス2回戦では、ダニエル太郎(写真)がノバク・ジョコビッチを7─6、4─6、6─1で下し、3回戦進出を果たした(2018年 ロイター/JayneKamin-Oncea-USA TODAY Sports)

そのほか、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)、第2シードのマリン・チリッチ(クロアチア)らも勝ち上がった。第9シードのリュカ・プイユ(フランス)、第15シードのジョン・イスナー(米国)は敗れた。

また、世界ランク25位の錦織圭もレオナルド・マイエル(アルゼンチン)との2回戦が予定されていたが、体調不良のため棄権した。錦織は大会の公式ツイッターで「1週間以上体調が優れず、回復するためにできることはすべてやった。だが、まだプレーできる状態ではない。この大会が好きなのに非常に残念だ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below