July 25, 2019 / 7:28 AM / 4 months ago

仏ダノン、第2四半期は増収率拡大 中国ベビーフード部門が改善

[パリ 25日 ロイター] - 仏食品大手ダノン(DANO.PA)が発表した第2・四半期決算は、すべての事業部門で増収率の伸びが加速し、予想を上回った。

 7月25日、仏食品大手ダノンが発表した第2・四半期決算は、すべての事業部門で増収率の伸びが加速し、予想を上回った。写真はパリで2017年12月撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

3四半期連続で減収となっていた中国のベビーフード部門も売上高が増加した。

上半期は効率改善が寄与し、増益となった。2019年と2020年の財務目標達成にも改めて自信を示した。

上半期の営業利益は18億5800万ユーロ(21億ドル)で、実質ベースで6.4%増。同社がまとめたアナリスト予想の中央値は18億4700万ユーロだった。

営業利益率は14.69%。前年同期は14.27%だった。

第2・四半期の売上高は実質ベースで2.5%増。アナリスト予想の2.2%増を上回った。

第1・四半期は、中国での乳児用調製粉乳の需要低迷やモロッコの不買運動が響き、0.8%の増収にとどまっていた。

同社は2019年の増収率を実質ベースで3%前後、営業利益率を15%超とする目標を掲げている。2020年の目標はそれぞれ4─5%、16%超。

乳児用調製粉乳やベビーフードなどを手掛ける「アーリー・ ライフ・ニュートリション」部門の中国での売上高は増加。高級品の販売に力を入れたほか、電子商取引を通じた販売が増えた。

同部門の売上高は、出生率の低下や前年同期の水準が高いことなどが重しとなり、第1・四半期は15%減、昨年第4・四半期は10%減、昨年第3・四半期は20%減となっていた。中国市場は同部門の売上高の約30%を占める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below