May 26, 2014 / 2:22 AM / 5 years ago

韓国メッセージアプリのカカオ、ダウムと10月に合併へ

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国の携帯メッセンジャーサービス会社カカオは、同国第2位のインターネットポータルサイト運営会社ダウム・コミュニケーションズ と10月に合併することを明らかにした。新社名は「ダウム・カカオ」となる。企業価値は約3兆1000億ウォン(30億ドル)になる見通しで、ラインを持つ最大手のネイバー に攻勢をかける。

カカオのメッセージアプリ「カカオトーク」は世界で1億4500万人の利用者がいる。同社は2015年までに新規株式公開(IPO)を目指していたが、合併に伴いこの計画を取りやめる。

合併比率はダウム1に対して、カカオが1.5557456。ダウムは4300万株の新株を発行し、カカオの株主に割り当てる予定だ。

現代証券のアナリスト、Kim Mi-song氏は「合併によるシナジー効果は明らかだ。カカオは国内外で事業の積極拡大が可能となり、ダウムは新しい成長事業としてメッセージングサービスを獲得することになる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below