Reuters logo
中国の習主席、ダボス講演で「包括的グローバル化」提唱へ
2017年1月11日 / 06:02 / 10ヶ月後

中国の習主席、ダボス講演で「包括的グローバル化」提唱へ

[北京 11日 ロイター] - 中国の国家主席として初めて世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席する習近平氏は、会議が開幕する17日に講演を行い、「インクルーシブ(包括的な)・グローバリゼーション」の推進を提唱する。中国外務省が11日明らかにした。

 1月11日、中国の国家主席として初めて世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)に出席する習近平氏(写真)は、会議が開幕する17日に講演を行い、「インクルーシブ(包括的な)・グローバリゼーション」の推進を提唱する。北京人民大会堂で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Fred Dufour)

李保東外務次官は会見で、「経済のグローバル化は抵抗に直面している」と指摘。中国は、経済のグローバル化をこれまで以上に排他的でない方向に舵取りする方法を提示し、こうした国際社会の懸念に対応するとの見解を示した。

習主席は15─18日にスイスを訪問し、17日から始まるダボス会議に出席する。

今年の会議は、グローバル化に対する大衆の反発やトランプ次期米政権をめぐる議論が中心となる見込み。

李次官は、トランプ氏が中国を標的に保護貿易主義を批判するのは不当だとし、「保護貿易は孤立化につながり、誰の利益にもならない」と指摘。ダボス会議において、トランプ氏の政権移行チームと「連絡を取り合うチャンネルはオープンだ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below