January 23, 2019 / 6:44 PM / a month ago

独首相、「ウィンウィン」関係構築へ世界的な協力呼び掛け

 1月23日、メルケル独首相は西側主要国に対し、各国の狭い国益にとらわれずに物事を考え、「ウィンウィン」の関係構築に向け国際的な機関を改革するよう呼び掛けた(2019年 ロイター/ARND WIEGMANN)

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] - メルケル独首相は23日、西側主要国に対し、各国の狭い国益にとらわれずに物事を考え、「ウィンウィン」の関係構築に向け国際的な機関を改革するよう呼び掛けた。

メルケル首相は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、「(西欧諸国は)国際構造を分断させないよう行動し、既存制度の改革に向け準備する必要がある」と指摘。「われわれは他国の利益を考慮する形で自国の国益を考え、多国間主義の前提条件であるウィンウィンの環境を作り出すべき」と述べた。

また世界的な金融システムに対する信頼を取り戻すために、国際通貨基金(IMF)や世界銀行などの国際的な機関を改革しなければならないとの見方を示した。

さらに欧州は米国や中国の経済勢力に相対しているため、成功の保証がない道をたどっていると言及。「われわれの価値観を共有する同盟国を必要としている」と述べた。

メルケル首相は、米国の外交政策や対イラン制裁を取り上げ、「経済力がいかに有効なのかが分かる。これは通貨としてのドルの強さによるものだ」との見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below