for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ファーウェイ会長、CFO逮捕巡る事件の早期解決を要請へ

[ダボス(スイス) 22日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の梁華会長は、米国の対イラン制裁回避に関する不正行為に関わった疑いでカナダで逮捕された孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の事件について、早期解決を求める考えを示した。

昨年12月の孟CFO逮捕後、CFO代行に就任した梁会長は22日、スイスで開幕した世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に合わせて取材に応じた。

梁氏は「われわれは世界規模で事業を行っており、どの国でも現地の法律や規制を完全に順守している」とし、製品開発事業や他の部門を見たいという希望があれば歓迎すると述べた。

また、中国当局がカナダ人を拘束した問題について、ファーウェイとは関連がないとの見解を示した。

制裁違反や知的財産権窃盗を巡る追及に加え、米当局はファーウェイの機器購入を控えるよう同盟国に圧力をかけている。中国当局によるスパイ活動に使用されるとの懸念が背景。

同社創業者の最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、同社が中国政府のスパイ活動に関与しているとの疑惑を否定している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up