January 23, 2018 / 11:40 PM / a month ago

モディ印首相、ダボス会議でグローバル化の促進呼びかけ

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] - インドのモディ首相は23日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で講演し「保護主義の動きがグローバル化を脅かしている」と述べ、グローバル化の促進を呼びかけた。各国が協調して気候変動や経済対策に取り組むことの重要性を主張。一部参加者はトランプ米大統領の「アメリカ第一主義」の政策をけん制している発言と捉えたもようだ。

モディ首相は、トランプ氏を名指ししなかったものの、保護主義勢力が台頭していることを批判。トランプ大統領はダボス会議で3日後に講演する予定だ。

モディ氏はインドから政財界の大型代表団を率いてきた。インドが急速に発展している経済国であり、世界経済の推進力となり得ることを印象付けたい構えだ。

トランプ氏は「アメリカ第一主義」政策の下、北米自由貿易協定(NAFTA)からの離脱も辞さない構えを示しているほか、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から離脱した。また国際連合や北大西洋条約機構(NATO)といった国際機関を批判してきた。

モディ氏は世界が直面する大きな課題を3つ挙げた。気候変動とテロ、そして保護主義勢力だ。

気候変動は世界にとって主要な脅威だと主張。各国が協調して対処することができていないと述べた。どの国も二酸化炭素の排出を削減したいものの、先進国は最新技術の導入において発展途上国を支援する姿勢でないと批判した。

保護主義姿勢については、「新たな種類の関税や非関税障壁が導入されている。二国間、多国間の通商交渉は停滞しているようだ」と発言した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below