January 23, 2019 / 6:34 PM / 6 months ago

米シェールオイル産出、伸び鈍化へ=石油大手幹部

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] - 米石油大手の幹部らは23日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、国内シェールオイル産出量の伸びは鈍化すると見通した。

石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長も参加したパネルで、オキシデンタル・ペトロリアム(OXY.N)のビッキー・ホラブ最高経営責任者(CEO)は「今回はパーミアン盆地にそれほど多くの資金が流れないとみている。投資家は企業にリターンに関する責任を負わせようとするだろう。過去にはあまり起きなかったことだ」と語った。

ヘス(HES.N)のジョン・ヘス最高経営責任者(CEO)は、世界生産に占めるシェールの割合が現時点で6%ほどとし、将来的に最大10%まで拡大後、横ばいになると予想した。

バルキンド氏は「石油業界は世界的に四面楚歌(そか)の状態」と指摘、米生産業者が協調減産に参加できない場合でも、業界の理解を深めるため、米生産業者とより定期的な意見交換を望む考えを示した。

国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長はロイターの取材に、大方の予想は米石油生産の伸びをなお過小評価しているとし、米国が向こう10年間に日量1000万バレルを追加生産する可能性を指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below