January 23, 2019 / 6:49 PM / a month ago

原油価格の対米戦争、ロシア政府系ファンド「代償非常に大きい」

[ダボス(スイス) 23日 ロイター] - ロシア政府系ファンド、直接投資基金のドミトリエフ総裁は23日、原油価格を巡って米国と争えば、払う代償は非常に大きくなるとの認識を示した。中期的に市場シェアを失うとしても、減産方針の維持が重要とした。

ドミトリエフ氏は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、「米国のシェール生産が減少するには、原油価格が1バレル=40ドル以下となる必要がある。ロシア経済にとって健全な水準でない」と指摘。「米シェール生産に打撃を与える競争的な行動をとるべきでない」と述べた。

ドミトリエフ氏はまた、プーチン大統領が年内にサウジアラビアを訪れ、協力関係の強化を目指すと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below