January 26, 2018 / 7:49 AM / 23 days ago

パレスチナが和平模索しなければ支援停止する=トランプ米大統領

[ダボス(スイス) 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の席上、パレスチナがイスラエルとの和平を模索しなければ支援を打ち切ると述べた。

トランプ大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相との会談後、パレスチナが先にペンス副大統領の訪問時に(アッバス・パレスチナ自治政府議長との)会談を拒否したことに言及。「1週間前、(パレスチナが)われらの素晴らしい副大統領との会談を拒否してわれわれに対して礼を失したときでも、われわれは何億ドルもの資金援助を拠出した。これは誰にも理解できない額であり、テーブルの上にある。だが、彼らが交渉の座に着かなければ、この資金は渡されない」と述べた。

 1月25日、トランプ米大統領は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の席上、パレスチナがイスラエルとの和平を模索しなければ支援を打ち切ると述べた。写真はイスラエルのネタニヤフ首相と握手するトランプ米大統領。ダボスで撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

アッバス議長の報道官は、米国がエルサレムをイスラエルの首都と認めたことで平和の仲介者の「座を降りた」と発言。ヨルダンから電話で「パレスチナの権利は取引の対象ではない。エルサレムは売り物ではない。米国は、エルサレムを首都と認めた決定を撤回しないかぎり、役割を果たすことはできない」と語った。

一方トランプ大統領は、パレスチナこそ交渉の座に着くべきと主張。「イスラエルは和平を望んでいると断言できる。(パレスチナも)和平を望むべき。さもなければ、われわれは今後、彼らと一切かかわらない」と述べた。

そのうえで、米政府は「パレスチナにとって素晴らしい提案」といえる和平案を用意しており、それは「何年にもわたって話し合われ、合意されている」ものだと説明した。ただ、詳細は明らかにしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below